いろんな筋トレ方法紹介

筋肉をデカくするための筋トレ間隔

筋肉,筋トレ,間隔,方法

 

筋トレにもいくつか色々な仮説があるのをご存知ですか?たとえば筋肉をデカくする、カラダをデカくするためには毎日のトレーニングは正か否か?など、こういったものには色々な説がつきまとうものです。しかし、とりあえず筋肉とは筋繊維が破壊と再生を繰り返して大きくなって、丈夫になっていく!これが大前提にあると思っていただいて間違いないと思います。

 

よく言われるのが、筋肉痛の時のトレーニングはどうなのか?ってことです。わたし自身の間隔としては筋肉痛になったら治るまでそこの部位は一切なにもしません!そして筋肉痛が治るとまた同じとこをやる。こういった間隔なので週2ぐらいでしか同じとこはやりません。

 

治るまで間隔が空くのでその間に他のとこをやったりはします。毎日筋肉痛になるほどまでやらなきゃいけないのか?と思う方もいると思いますが、筋肉はしっかり使うことで筋繊維が破壊されていきますから筋肉痛にならずともしっかり筋肉には効いているということですので安心してください。

 

これらを踏まえることで、毎日筋トレされている方もこらから筋トレに取り組まれる方も気持ちが楽になるかと思いますし、ちょっと続けるとしっかり効果は出てきますのでまずは続けることが1番ですね!

楽しくフィットネスクラブで筋トレ

筋肉,筋トレ,間隔,方法

 

あなたは「ボディパンプ」と言われるプログラムをご存知ですか?

 

フィットネスクラブの歴史はすでに20年と言われていますが、ジム通いをされていない方でしたら全く耳にしたことがないかもしれません。また大手のジムでしか取り入れていないので日本ではまだまだ知られていないと思います。

 

このプログラムは、いわば「ダンベル体操」。でもとっても洗練されていて、音楽でも雰囲気が高まるし、たくさんの人とやるので気分が高揚します。最初は軽すぎるくらいのウエイトを持ち、リズムに合わせて「ゆっくり」または「素早く」インストラクターの指示に従って上げ下げします。

 

ものすごく軽いはずだったウエイトが、たった3分ほどのエクササイズで「もう止めてー!」と叫びたくなるほどツラくなります。でも止められません。周りの人も歯を食いしばってやっているのです!そんなツラいときにインストラクターが雄叫びを上げてくれます。

 

元気のいいクラスは参加者たちもみんなそれぞれ声を上げてめちゃくちゃ盛り上がります。経験のある方だとお分かりだと思いますが、声を上げる方が力が入りやすいのです。

 

ウエイト自体は軽いものでやるのでムキムキな身体になることはありません。しかも普通のウエイトトレーニングとは違って無酸素運動ではなく、エアロビクスのような有酸素運動ですから脂肪燃焼と筋肉増強でとても痩せやすい身体になります。

 

参加している女性は薄っすらとした筋肉がつき、とても魅力的です。最近の流行のボディを楽しく手に入れることができるプログラムです。ウエイトさえ用意できれば自宅でyoutubeを見ながら行うこともできますよ。

自宅で腹筋を鍛える筋トレメニュー

筋肉,筋トレ,間隔,方法

 

よく腹筋を100回しました!という方がいますが、一般的な腹筋を100回しても効率良く筋肉はつきません。まずは腹筋をする前に、お腹を4つに分けてそこを意識していきましょう。

 

@お腹の上側
Aお腹の真ん中
Bお腹の下側
Cお腹の両側面

 

イメージできましたか?イメージできた方は、そこを意識した筋トレをしていきましょう!

 

@普通に腹筋をしましょう。ポイントは完全に起き上がらないこと!5〜10pの辛いと思うところまでいき戻ることです。これを10回。
A体育座りをし腕を前に伸ばします。手の甲が膝上になるまで体を倒しキープ。その状態からお腹を思いっきり引っ込めます。これを10回。
B仰向けに寝っころがり足を上にあげます。そして、天井につける感じで真上に持ち上げます。このときお尻も持ち上げること。これを10回。
CここはAと同じ状態からさらに手が届くかな?ぐらいの状態まで倒し、左手を右膝に、右手を左膝にタッチさせます。これを1カウント、10回。

 

さらに@〜Cを3セット行いましょう。すると、効率よく腹筋を鍛えることができるはずです。もし、楽だなーと思う方がいたら回数を増やすなどしてみてください。私は各30回を3セットして、1ヶ月でくびれを手に入れました!

 

特にCはくびれに効きますので試してみてください。

DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリのご購入はこちら!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのDCC(ディープチェンジクレアチン)サプリも確認してみてください。